YYCアプリの運営グループの歴史について

ニュースで少し問題になっていますね!
ミクシーから上場企業のIBJグループが出会いアプリのYYCを買収!と。

 

数年前にライブドアが運営するYYCはLINEに買収されました。
それに次いで、コンテンツの中で出会いアプリだけをミクシーが買収したしてさらに
上場企業のIBJグループの運営と変わりました。

 

 

その当時の話では、ミクシーとしてもライブドアは魅力だけど、出会いというジャンルはあまりよろしくないという噂。
一方、ミクシーはフェイスブックやツイッターに押され、最近では利用していることも、名前すらも聞かない。
当然、売り上げはダウンしている。
そこで苦肉の策で出会いのワイワイシーを買収した。

 

さらには、圧倒的な会員数の情報を元に新規のマッチングアプリを展開するという話もあります。

という見方をする人がいましたが、実際はスマホゲームでの売上が絶好調でその余力として
出会い系サービスにも乗り出したようです。

 

その数年後には、サイバーエージェントやリクルートなどの他の大手企業も参入しています。

 

 

スマホのアプリを公開してからYYCの会員が爆発的に増えていた点です。
以前は当サイトでも
会員数300万人!
と紹介していましたが、ここ1.2年でほぼ倍の会員数になっています。
※2018年には1400万人突破しています。

 

運営歴が15年以上なのに、ここ数年で倍以上というのはすごいねですね!
それだけ、スマホで出会いを求めている人が多いということでもあります。
もちろん、スマホの広告に力を入れてきた結果と言うこともあるでしょう。

 

現時点で会員数は580万人。おそらくあと少しで600万人に届くでしょう。
※2013年時点

★その後、2016年時点で1000万人突破しました
★その後、2017年時点で1200万人突破しました

 

この伸び率は本当にすごいです。

 

しかし、今後上場企業のIBJグループが買収してなにが変わるのか?
会員数との相乗効果でさらに増えればアプリも今以上に盛り上がるでしょう。
でも、アプリに人が集まらずに衰退する可能性もあります。

 

今後の推移はわかりませんが、現時点では非常に多くの男女が利用していて
出会いやすいのは間違いありません!

みんなが見ているページ

YYC出会いアプリの口コミ

 

評価サイトであまりオススメされていない理由

ここで業界の裏事情をお話します。
数年前までは「YYC」の広告料金は他と比べても割がよく、その影響から様々なメディアや評価ランキングサイトでも
オススメとして紹介されていました。

 

しかし、2016年ころから、段々と広告料金が抑え気味になり、メディアで高評価がされなくなっているという一面もあります。

 

そうなると、評価ランキングやオススメとして紹介されなくなるので、ユーザーとしては他のアプリを使うようになっているのが現状です。

 

ただし、YYC自体に変化があったわけではなく、今でも女性ユーザーにも人気であり、会員数も増え続けています。

 

 

当サイトのオススメランキングでも詳細やユーザーの口コミを紹介してるのでよかったら見てください。

トップへ戻る