2014年の出会いアプリ業界

今年もあと残りわずか。
2017年はすっかりスマホも定着しています。

 

現状では、ガラケーを使っている人は年配者か、スマホが使いづらいと思っている人たちだけでしょう。
特にそういった人は、文字入力に不安を持っている人が多いようです。
使う上でも、文字入力は重要な要素です。
その他の理由としては、使い方がわからない、ガラケーでも十分といった人が多いですね。

 

ガラケーでもほとんどの出会いアプリを使うことができますが、
スマホ特有のGPS機能や様々なアプリの機能は、ガラケーでは使えません。もちろん通信速度も段違いです。

 

地元の異性と知り合えるアプリやゲームを使った出会い、
面白い企画で出会えるアプリなど様々です。

 

さて、本題ですが

2014年の出会いアプリはどうなっていくのでしょうか?

一言で言えば、現状とあまり変わらないように思います。

 

変わるとしたら、今よりももっと大手の人気アプリに集中するようになるでしょう。
大手の人気アプリとは、当サイトでも紹介しているアプリです

 

スマホのアプリは便利で様々なアプローチ出来るようなものがあります。
しかし、どんなアプリでも女性が使っていないければ実際に会うことが出来ません。

 

 

2014年になっても面白いアプリは登場することでしょう

  • いかにも、出会えそうなアプリや2チャンなどでこのアプリで出会えた!

などの記事を見ると、自分も出会えそうな気がしてしまいますが、
実際に出会えるのは、出会おうと思っている女性が利用しているものだけです。

 

ランキングでも紹介している女性集めに莫大な広告料金を使っている大手だけです。

 

 

そして、何度も言うようにLINEなどはたくさんの女性が使っていますが、
その女性は出会おうとしていないので出会えません。

 

 

実際に、2014年になってからどう変わったのかをまたここで書いていきたいと思います。

 

2017年追記

やはりというか、現状では大手の有名アプリだけが使えるようになっています。
認知度が低いアプリは、その後利用者も減り現状では出会えなくなっています。

 

評価が悪い悪質なサイトは、閉鎖してたり、名前を変えてやっているようです。
※名前を変えるのがまた姑息で嫌になりますね。

 

ラインは、アプリ自体の機能が充実したり、SNS化していますが
ラインを使った事件などが問題にもなっています。
誰でも簡単に利用できるものは、それだけ危険なこともあるということです。

 

 

 

記事を書いてから3年ですが、基本的なことはなにも変わりません。

 

 

 

 

出会いアプリランキング

           

トップへ戻る